長く生き続ける建築とは【建築家・林隆の仕事術】

建築家・林隆の仕事術「豊かな暮らし・上質な暮らしの提案」

 

静かな森の中に佇むその外観は、何とも美しいプロポーションでした。

東京に住み、軽井沢に別荘を所有する。クライアントさんは、あえて新築ではなく、リノベーションという方法を選択しました。

築43年の別荘を購入し、自然と向き合いながら非日常的な暮らしを楽しめるように手直しをしたい。その設計依頼をいただきました。

築43年の建物が蘇る別荘のリノベーション

以前の間取りは、個々の部屋が廊下で結ばれている当時の一般的なものでした。間取り・構造・性能を全面的に見直し、現代の生活スタイルにあった空間を創るために、いろいろな視点から検討を重ねました。

最終案は、居間・食堂・台所を廊下も取り込んだ一体的な空間にして、浴室やトイレの位置は変更することに。

日本的な設えのある和室は、その雰囲気を残しながらベッドを置く寝室として使います。そして、木製サッシやオリジナルデザインの薪ストーブにもこだわりました。

before_after

設計の力によって、建築は長生きをすることができる

築43年の建物が蘇りました。これから何十年も残っていくことは、建物にとって何と幸せなことでしょうか。設計中、工事中、そして今も感じていることは、最初の設計の骨格(配置、平面、外観)が素晴らしかったことです。

設計の力によって、建築は長生きをすることができるのです。

私はこの設計の仕事を通じて、「長く生き続ける建築」「社会的資産のストック」について改めて考え直すことができました。

林建築設計室・林 隆

リノベーション

【参考】リフォームとリノベーションの違い
・リフォーム
老朽化した建物を建築当初の状態に戻します。仕上げ材の模様替えや設備機器(キッチンや浴室、ボイラー)の入れ替えなど、比較的小規模な工事が多いです。

・リノベーション
建物の持つ元々の性能以上に新たな付加価値を再生させます。骨組みだけのスケルトン状態にして、間仕切りの変更や水廻りの配管の移動、構造補強・断熱補強なども必要に応じて行いますので、比較的規模の大きな工事になります。増築や減築を伴うことも多く、空間が劇的に蘇ります。

 

<林 隆 プロフィール>

長野県松本市で建築設計事務所を主宰し、主に住宅や別荘の設計に携わる。建築主との対話を重視しながら暮らし方をデザインし、オリジナリティーのあるシンプルで合理的な建築を創っている。 日本建築家協会(JIA)優秀建築選、グッドデザイン賞、長野県建築文化賞など多数受賞。

林隆

別荘 【リノベーション(長野県軽井沢町)】

<林建築設計室>
公式サイト:http://www.h-a.jp
Facebookページ:https://www.facebook.com/ha.japan

家・土地・設計・暮らしのことなど、どうぞお気軽にお問い合わせ・ご相談ください。

▼お問い合わせ・ご相談はこちらから
http://www.h-a.jp/contact.html

Tags: