見上げ・見下ろしの視点を意識し、豊かな外部空間を創る【建築家・林隆の仕事術】

建築家・林隆の仕事術「豊かな暮らし・上質な暮らしの提案」

 

住宅を新築する敷地は、山沿いの傾斜する地形の中にありました。

建築の設計に入る前に、造成計画・外構計画の検討を重ね、結果的には、地面の土を移動して敷地の一部のレベルを低くすることによって、建物周辺の環境を整えることができました。

昔から敷地内にある石垣・池・小川・井戸などの景観要素を活かす

さてどんな家を目指すのか。この家づくりのテーマは、次の3項目でした。

①傾斜地の特性を活かしつつ、昔から敷地内にある石垣・池・小川・井戸などの景観要素を保存、一部改修をしながら豊かな外部空間をつくり、自然と共生できる家

②敷地のレベル差と室内のレベル差を活かした豊かな断面構成

③眺望を活かし、庭とつながる快適な居住空間

skip-階層の家

自然と共生する家

造成工事として、建物が建つ部分の敷地レベルを1mほど掘り下げることにより、遠くから見える建築全体のフォルムを小さくし、道路から建物へ至るアプローチの傾斜も緩くなりました。更に2階の居間と庭を近くすることもできました。

外部の階層(5段階のレベル差がある敷地)と内部の階層(4層のスキップフロアー)が有機的に結ばれ、建築が大地に中にとけ込むようなイメージの敷地全体のゾーニングになっています。

見上げ・見下ろしの視点を意識し、豊かな外部空間を創る

敷地の全貌と複数の建物を同時に見渡すことはできませんが、各所からの見上げ、見下ろしの視点を意識した敷地の全体計画でした。

建築の設計は、建物だけでなく外構も同等に重要です。

竣工後に振り返ってみると、その外構計画の役割が極めて大きく、建築1/2、外構1/2というようなプロジェクトでした。

林建築設計室・林 隆

【松本市景観賞 最優秀賞 受賞】
階層の家-南外観

<林 隆 プロフィール>

長野県松本市で建築設計事務所を主宰し、主に住宅や別荘の設計に携わる。建築主との対話を重視しながら暮らし方をデザインし、オリジナリティーのあるシンプルで合理的な建築を創っている。 日本建築家協会(JIA)優秀建築選、グッドデザイン賞、長野県建築文化賞など多数受賞。

林隆

混構造 【階層の家(長野県松本市)】

<林建築設計室>
公式サイト:http://www.h-a.jp
Facebookページ:https://www.facebook.com/ha.japan

家・土地・設計・暮らしのことなど、どうぞお気軽にお問い合わせ・ご相談ください。

▼お問い合わせ・ご相談はこちらから
http://www.h-a.jp/contact.html

Tags: