時間の流れと共に味わいの増す佇まい【建築家・林隆の仕事術】

建築家・林隆の仕事術「豊かな暮らし・上質な暮らしの提案」

 

「小さな家がいい」「中庭はどうだろう」「ガレージがほしい」「ひとりになれる場があるといいね」

そんなことを話し合いながら、そして市街地の厳しい立地条件の解決方法を探りながら設計が始まりました。

内と外を緩やかに仕切る

敷地の南と西には2階建て隣家が接近していること、また変形狭小敷地であることを克服するために、東からの光を積極的に取り込むことを手がかりにして、①2階建て部分、②平屋部分、③ガレージの3つのゾーンが中庭を囲む手法をとりました。

あえて南には背を向け、中庭とガレージには格子戸を設けて、内と外を緩やかに仕切っています。

結ぶ-模型

それぞれの「ひとりになれる場」

居間や個室の広さは最小限にして、それらの中間領域としての「ひとりになれる場」(父の居場所、母の居場所、子の居場所)を中庭に面して配置。

その中庭を囲む主動線は、階層が深くなるに従ってプライバシーが保たれる空間へと移行していきます。

将来を見据え、暮らし方・年齢・家族構成の変化に応じて、各居場所の使い方には自由度をもたせました。

時間の流れと共に味わいの増す佇まい

このお家は、「結ぶ」というキーワードをもとに空間が組み立てられています。

内と外を結ぶ、家と街を結ぶ、家族の絆を結ぶ、今と将来を結ぶ。

外壁の板張りは、この地ですでに何年も存在しているかのように見え、そして時間の流れと共に味わいの増す佇まいとして生き続けることへの想いを込めています。

林建築設計室・林 隆

【長野県建築文化賞 住宅部門 優秀賞 受賞】
220-600x396

<林 隆 プロフィール>

長野県松本市で建築設計事務所を主宰し、主に住宅や別荘の設計に携わる。建築主との対話を重視しながら暮らし方をデザインし、オリジナリティーのあるシンプルで合理的な建築を創っている。 日本建築家協会(JIA)優秀建築選、グッドデザイン賞、長野県建築文化賞など多数受賞。

林隆

中庭+ガレージ+シアタールーム 【結ぶ小さなコートハウス(長野県松本市)】

<林建築設計室>
公式サイト:http://www.h-a.jp
Facebookページ:https://www.facebook.com/ha.japan

家・土地・設計・暮らしのことなど、どうぞお気軽にお問い合わせ・ご相談ください。

▼お問い合わせ・ご相談はこちらから
http://www.h-a.jp/contact.html

Tags: