信州蓼科高原に建つアトリエ【建築家・林隆の仕事術】

建築家・林隆の仕事術「豊かな暮らし・上質な暮らしの提案」

 

長野県茅野市の蓼科高原に建つ「林建築設計室・蓼科アトリエ」。2015年春の竣工を目指して工事中です。

建築設計事務所の分室として、ゲストハウスとして、ギャラリーとして、そして住宅別荘スケールの空間を体感していただく場として公開していく予定です。

イメージ図

信州の美しい四季の移ろいを感じながら大自然と向き合う暮らし

標高は1300m、北から南に向かって緩やかに傾斜している敷地で、眺望も期待できます。冬は積雪も多く過酷な環境になりますが、信州の美しい四季の移ろいを感じながら大自然と向き合う暮らしをイメージしています。

周辺環境と地形の特性から、配置・平面・断面の形態が導き出されました。配置計画として、北の外部空間〜建築の室内〜南の外部空間へと一直線につながる軸線をつくりました。

建物の南北面には大きな開口部を設け、外に対して開き、東西面は壁にして外に対して閉じています。

信州蓼科高原に建つアトリエ

内部空間の特徴として、建物の中央を南北に貫くスロープ状の主動線(ギャラリー)があり、その両側にパブリックゾーンとプライベートゾーンを分離させて配置する明快なゾーニングになっています。

ギャラリーは、細長く、天井が低く、薄暗く、床が傾斜している筒状の空間で、平面的に狭い場から広い場へ、高さが低い場から高い場へ、暗い場から明るい場へと展開していく構成の起点になっています。

一般的な木造軸組工法で、屋根の構造体を意匠的に露出させています。建物全体を覆う化粧タルキは、連続的に繰り返すシンプルなデザインで長野県東信地域のから松材を使っています。

林建築設計室・林 隆

ブログ「蓼科アトリエ便り」 http://www.h-a.jp/tatesina

327A7463

蓼科アトリエ

<林 隆 プロフィール>

長野県松本市で建築設計事務所を主宰し、主に住宅や別荘の設計に携わる。建築主との対話を重視しながら暮らし方をデザインし、オリジナリティーのあるシンプルで合理的な建築を創っている。 日本建築家協会(JIA)優秀建築選、グッドデザイン賞、長野県建築文化賞など多数受賞。

林隆

別荘・セカンドハウス 【蓼科アトリエ(長野県茅野市 蓼科高原)】

<林建築設計室>
公式サイト:http://www.h-a.jp
Facebookページ:https://www.facebook.com/ha.japan

家・土地・設計・暮らしのことなど、どうぞお気軽にお問い合わせ・ご相談ください。

▼お問い合わせ・ご相談はこちらから
http://www.h-a.jp/contact.html

Tags: