検索条件

商品カテゴリから選ぶ
▼ 商品名を入力

第1回メディアデザインセミナー【個人メディアをデザインしよう】


人から人へ情報を伝える際に用いられるのが「メディア」と言われるツール。

情報発信のメディアにおいても、顔の見えない限られた少数の人が不特定多数の人へ発信するマスメディアに加え、顔の見える個人から個人へ発信するソーシャルメディアが広く浸透する時代になってきました。

そうしたメディアに関する情報技術の進歩や時代の変化にともなって、さまざまな働き方が生まれ、個人で小さくビジネスをスタートできる環境も整いつつあります。

そのような時代の中で、個人や企業がビジネスを展開するにあたって、どのようなメディアを構築し、どのように情報発信をしていくのかがとても大事になってきます。

私はその際のひとつのキーワードが「デザイン」だと考えています。


デザインとは、飾り立てをすることによって美しく見せることと表面的に理解されがちですが、本来は「ある目的を実現するために概念の組み立てを行い、それをさまざまなメディアに応じて表現すること」です。

つまり、「設計図」としてのデザインと「表現」としてのデザインの二つの側面からのアプローチがデザインであり、個人メディア構築においても、「設計図」と「表現」のこの二つの側面からのアプローチが必要なのだと考えています。


私はこの3年間、マンツーマンというかたちにこだわって、個人や企業のソーシャルメディアを活用したビジネス展開のお手伝いをしてきました。

なぜ、私がマンツーマンにこだわったかと言うと、人それぞれ活用の「設計図」が違うからです。それは、一人ひとりの個性に沿った活用術があるからです。その個性を活かす設計図が必要なのです。

その一人ひとりの個性を活かした設計図を一緒に描くことが、私の役割なのだと考えています。

また、デザイナーの前田朋子さんとコラボし、「表現」としてのデザインの面でさまざまなかたちでサポートしていただけることになりました。


今回、この「デザイン」をキーワードに、個人メディア時代におけるメディア構築をサポートするプロジェクトを立ち上げました。個人メディア時代におけるさまざまな個人メディアを一緒に構築していくプロジェクトです。

そのはじまりの場として「第1回メディアデザインセミナー 【個人メディアをデザインしよう】」を開催いたします。


フェイスブック、Google+、Twitter、ブログ、サイト、動画、ロゴ、名刺、バナー、チラシ、パンフレット、教材、電子書籍などの各メディアを制作していくうえでのすべての種となる設計図を作っていきます。

個人メディアがいまどのような状態にあっても大丈夫です。

ぜひ一緒にあなただけの設計図をもとにした個人メディアを構築していきましょう!

株式会社SKIP 代表取締役
パーソナルプロデューサー 篠原伸介



第1回メディアデザインセミナー【個人メディアをデザインしよう】

<メニュー>

講師紹介(4:39)
1.1 メディアデザインとは(15:26)
1.2 プロジェクト思考(6:37)
2.1 設計図としてのデザイン(16:13)
2.2 表現としてのデザイン(20:30)
3 設計図の種を作ろう(15:43)
4 今後の構想(5:19)

合計:1時間24分27秒


<講師>

篠原伸介
株式会社SKIP 代表取締役。パーソナルプロデューサー。Facebook会員20,000人超「コーチング研究会」主宰。
SI企業にて、通信・金融分野のシステム開発・企画を経て独立。独自のコーチングを活用し、個人や企業向けにビジネス展開をサポート。沖縄発統計学「氣質学」等をプロデュースしている。
氣質学で表現すると「独創的なことを成し遂げる起業に必要なお宝人」

前田朋子
ジュエリー・アクセサリー製造小売業「ケレン株式会社」代表取締役。東京藝術大学美術学部卒。
生まれつき音感と表現力、色彩感覚のずば抜けて優れた子供だったため、小学校の担任に『神童』と呼ばれる。
「Jewelry is entertainer ! -ジュエリーはエンターテイナーだ!-」をコンセプトに、世の中をワクワクさせるデザインを作り続けている。



第1回メディアデザインセミナー【予告編】


▼第1回メディアデザインセミナー[動画配信]のご購入はこちらから


「第1回メディアデザインセミナー[動画配信]」を購入する